「Piano Fingering Dataset」 学術研究目的であれば無料で使えるピアノ運指データセット.音符ごとに運指情報(指番号)が記載されていて,現在のバージョンでは,のべ 150曲のデータが収録されている.

Pocket

「Piano Fingering Dataset」
http://beam.kisarazu.ac.jp/~saito/research/PianoFingeringDataset/

 

「Fingering Visualizer」
https://fingeringdata.github.io/FingeringVisualizer.html

 

 
 

学術研究目的であれば無料で使えるピアノ運指データセット.
中村栄太先生(京都大学)と,齋藤康之先生(木更津高等専門学校)と,あと,吉井和佳先生(京都大学)もかな.

 

音符ごとに運指情報(指番号)が記載されていて,現在のバージョンである v1.00 では,のべ 150曲のデータが収録されている.
曲は,バッハ,モーツァルト,ショパン,ベートーヴェン,ドビュッシーなどのクラシックピアノ曲.
いくつかの曲では複数の演奏者による運指情報が収録されているので,演奏者による運指の異なりの調査などにも用いることができる.

 

データ形式は,テキストファイルで,

0 0.156289 0.302811 C4 64 80 0 1
1 0.312579 0.459100 D4 64 80 0 2
2 0.468869 0.615390 E4 64 80 0 3
3 0.625158 0.771679 F4 64 80 0 4
4 0.781447 0.927969 D4 64 80 0 2
...

というふうに記述されていて,それぞれのフィールドは,

(note ID) (onset time) (offset time) (spelled pitch) (onset velocity) (offset velocity) (channel) (finger number)

とのことです.

(finger number) は,右手の場合は正の値,左手の場合は負の値で記述されています.

 

現在のところ,

 (onset time), (offset time):
  楽譜上での時刻

 (onset velocity), (offset velocity):
  便宜的に値を埋めてある

のだそうです.

今後の研究の展開次第では,運指情報とともに,その運指によって演奏された演奏表情付きの値が記載されるようになるのかもしれません.

 

この運指データセット用のデータビジュアライザー「Piano Fingering Visualizer」は,データを眺めやすくできていてお勧めできます.
世の中の多くのビジュアライザーは,縦軸が半音階のピアノロール表示なのですが,この「Piano Fingering Visualizer」は五線譜状の表示になっているので,
縦軸が音階に従った軸になっています.#(シャープ), b(フラット)も表示されます.

「半音階ピアノロールは,どうも直感的に読みづらい.五線譜のほうが読みやすい.

という方にお勧めできます.

 

Piano Fingering Visualizer
Piano_Fingering_Visualizer.png


 
 
 
 
==

「OpenSLR is a site devoted to hosting speech and language resources, such as training corpora for speech recognition, and software related to speech recognition.」

Pocket

「Open Speech and Language Resources」
http://www.openslr.org/index.html


OpenSLR is a site devoted to hosting speech and language resources, such as training corpora for speech recognition, and software related to speech recognition. We intend to be a convenient place for anyone to put resources that they have created, so that they can be downloaded publicly.

 

 
 
 
 
==

MEI 形式で記述された楽譜データを五線譜表示したり,MIDI データに変換して演奏したりできるソフトウェア「Verovio」の 2.0.0 がリリースされたそうです.

Pocket
 
 

「verovio/CHANGELOG.md at master · rism-ch/verovio」
https://github.com/rism-ch/verovio/blob/master/CHANGELOG.md

「Verovio App」
http://www.verovio.org/app.html

 

 

 
 

MEI 形式で記述された楽譜データを五線譜表示したり,MIDI データに変換して演奏したりできるソフトウェア「Verovio」の 2.0.0 がリリースされたそうです.

 

 
 
 
 
==

 

2018年06月24日
MEI, MusicXML, PAE(RISM) のデータを WordPress 内で五線譜表示する WordPress プラグイン「Music Sheet Viewer」.
http://knoike.seesaa.net/article/460168875.html

 

2016年06月21日
MEI の 3.0.0 がリリースされた.
http://knoike.seesaa.net/article/439244705.html

 

2015年12月07日
ATOMで MEIファイルを扱いやすくするためのパッケージ.シンタックスハイライトができる,とのこと.将来的には,MEI固有の機能を実装したい,らしい.
http://knoike.seesaa.net/article/430828296.html

 

2015年12月06日
「Distributed Digital Music Archives and Libraries Lab(DDMAL)」が作成し,使用している「MEI Test Set」.
http://knoike.seesaa.net/article/430756298.html

 

2015年12月01日
「Verovio」の MusicXML to MEI Converter.
http://knoike.seesaa.net/article/430543460.html

 

2015年09月18日
「MEI | The Music Encoding Initiative」
http://knoike.seesaa.net/article/426315554.html

 

2014年03月06日
「The Music Encoding Conference 2014」
http://knoike.seesaa.net/article/390692894.html

 

2011年10月27日
「Libmei: Cross-platform C++ library for MEI」 Tutorial をざっと眺めると,MusicXML に比べて仕様がわかりやすく,プログラミングもしやすい気がする.
http://knoike.seesaa.net/article/232310387.html

 

2011年07月20日
Fujinaga 先生のところの光学楽譜認識ライブラリ(プロジェクト)「The Gamera Project」
http://knoike.seesaa.net/article/215791537.html

 

 

 
 

2018年の徳田先生,大浦先生のクリスマスリリースは,Open JTalk の version 1.11 とそれ用の新しい辞書,MMDAgent の “Sample Script” の version 1.8 でした.OSS版 Sinsy の更新はないようです… .残念.

Pocket

 

 

 

 2018年の徳田先生,大浦先生のクリスマスリリースは,Open JTalk の version 1.11 とそれ用の新しい辞書,MMDAgent の “Sample Script” の version 1.8 でした.
OSS版 Sinsy の更新はないようです… .残念.

Open JTalk のほうは,ML で説明されていましたが,辞書のバージョンアップがメインの更新内容のようです.

https://sourceforge.net/p/open-jtalk/mailman/message/36501953/

There are three major updates in version 1.11.

1. add UniDic.
New dictionary includes unidic-csj-2.2.0 in https://unidic.ninjal.ac.jp/

2. remove long vowels of naturalized words in dictionary.
(example) “HEY” = /h/ /e/ /e/ -> “HEY” = /h/ /e/ /i/

3. add digit rules for digits including comma.
(example) “1,000円” = /i/ /ch/ /i/ /pau/ /z/ /e/ /r/ /o/ /e/ /N/ ->
“1,000円” = /s/ /e/ /N/ /e/ /N/

 

コンマ(,) を含んだ「1,000円」 を,「せんえん」と読み上げられるようになったようです.

 

 

「Open JTalk」
http://open-jtalk.sourceforge.net/ 

 

「mmdagent.jp」
http://www.mmdagent.jp/

 

 
 
 
 
==

 

2018年01月01日
現在の OSS版 Sinsy と nitech_jp_song070_f001.htsvoice で歌声を生成するときは,生成可能な音高に留意する必要があるそうです.ざっと調べてみたところ,生成可能な音高レンジは,F5(MIDI note no 77) から A#3(MIDI note no 58) のようでした.
http://knoike.seesaa.net/article/455909764.html

 

2017年12月26日
今年の徳田先生,大浦先生のクリスマスリリースは,Web版 Sinsy の新しい日本語男性ボイス m01083j と,HTS の 2.3.2 でした.HTS は,HMM だけでなく,DNN による学習と生成も使用できるようになったようです.
http://knoike.seesaa.net/article/455787832.html

 

2017年12月07日
新しい「スコアメーカー」は「ZERO」というシリーズで,入力した歌詞を歌わせることができるらしい.歌声合成エンジンは,名工大の徳田先生のところの Sinsy らしい.
http://knoike.seesaa.net/article/455378097.html

 

2016年12月25日
オープンソース版の Sinsy 0.92 には,調号に関する不具合があるっぽい.音高が調号どおりに上下しないときがある.Web 版 Sinsy 3.7 だと,それが直っている.次のリリースでそれが直っているといいなぁ.
http://knoike.seesaa.net/article/445223285.html

 

2016年01月23日
オープンソース版の Sinsy が 0.92 になったので,ごく簡単に試してみました.0.90, 0.91 で生成したときの歌声も残っていましたので,それも並べて置いておきます.意味があるかどうかわかりませんが,聴き比べが可能です.
http://knoike.seesaa.net/article/432882730.html

 

2015年12月31日
オープンソース版の Sinsy 0.92 ほかいろいろの,年末リリースが来てるー.
http://knoike.seesaa.net/article/431938155.html

 

2014年12月26日
オープンソース版の Sinsy が 0.91 になったので,ほんの少しだけ試してみました.詳細はよくわかりませんが,0.90 の頃とはかなり異なった歌声が生成されます.
http://knoike.seesaa.net/article/411276694.html

 

2014年12月26日
Web 版の Sinsy が Ver. 3.6 になり,歌詞を発音記号で入力することが可能になったそうなので,ほんの少しだけ試してみました.
http://knoike.seesaa.net/article/411275377.html

 

2014年12月26日
オープンソース版の Sinsy ほかいろいろのバージョンアップがきたー!
http://knoike.seesaa.net/article/411274416.html

 

2013年12月27日
「Julius-4.3 リリース 2013/12/25(Wed.)」
http://knoike.seesaa.net/article/383709007.html

 

2013年12月27日
「先頭の小節は休符から始まる必要があります.」 あぁっ,逆か! そんな制約があったとは.
http://knoike.seesaa.net/article/383672711.html

 

2013年12月26日
とりあえず,手元の sinsy コマンドで歌わすことができました.またそのうち,何か作ろうー.
http://knoike.seesaa.net/article/383587048.html

 

2013年12月26日
「Sinsy version 0.90 (25 December, 2013)」 Sinsy のソースコードのリリース,きたー!
http://knoike.seesaa.net/article/383579357.html

 

2013年12月26日
「MMDAgent version 1.4 (December 25, 2013)」
http://knoike.seesaa.net/article/383578604.html

 

2013年12月25日
「Open JTalk version 1.07 (25 December, 2013)」
http://knoike.seesaa.net/article/383557852.html

 

2013年12月25日
「hts_engine API version 1.08 (December 25, 2013) 」
http://knoike.seesaa.net/article/383557677.html

 

2013年12月25日
「Speech Signal Processing Toolkit (SPTK) Version 3.7 December 25, 2013」 今年は,これか!
http://knoike.seesaa.net/article/383556746.html

 

2013年04月26日
大浦圭一郎先生は,いつも,クリスマス前とか年末年始とかに合わせて楽しい道具を投下してくださる(笑).今回は,GW 直前だよー(笑).
http://knoike.seesaa.net/article/357374145.html

 

2013年04月26日
「音声合成・歌声合成の新星「CeVIO」、その謎が解けた! – ITmedia ニュース」
http://knoike.seesaa.net/article/357360932.html

 

2012年12月26日
「The Open JTalk version 1.06 release December 25, 2012」
http://knoike.seesaa.net/article/309985124.html

 

2012年12月26日
「The hts_engine API version 1.07 release December 25, 2012」
http://knoike.seesaa.net/article/309984708.html

 

2012年08月06日
名古屋工業大学のデジタルサイネージ「メイちゃん」の Skype アカウント
http://knoike.seesaa.net/article/285137572.html

 

2012年04月18日
徳田恵一先生が,「平成24年度 文部科学大臣表彰 科学技術賞」を受賞されたそうです.業績名は,「隠れマルコフモデルに基づいた次世代音声合成方式の研究」だそうです.
http://knoike.seesaa.net/article/265355312.html

 

2012年02月01日
徳田恵一先生の提案研究課題が CREST で採択されたそうです.研究課題名は「コンテンツ生成の循環系を軸とした次世代音声技術基盤の確立」だそうです.
http://knoike.seesaa.net/article/249745241.html

 

2010年12月25日
「Open JTalk version 1.02 (December 25, 2010)」
http://knoike.seesaa.net/article/175604203.html

 

2010年12月25日
「hts_engine API version 1.04 (December 25, 2010)」
http://knoike.seesaa.net/article/175603976.html

 

2010年03月12日
「Open JTalk – HMM-based Text-to-Speech System」
http://knoike.seesaa.net/article/152843018.html

 

2010年01月10日
Sinsy サイトの MusicXML も,ぼーか郎で歌えるようにしました.
http://knoike.seesaa.net/article/152842419.html

 

2010年01月10日
Cubase 4 の MusicXML 書き出し処理にバグがあるっぽい.
http://knoike.seesaa.net/article/152842420.html

 

2010年01月03日
Sinsy を試させていただきました.
http://knoike.seesaa.net/article/152842136.html

 

2009年12月27日
Eji さんとのチャットでいろいろ教えてもらって,状況把握(^^;).
http://knoike.seesaa.net/article/152842155.html

 

2009年12月27日
謎でもなんでもなくて,酒向慎司さんでしょ(^^;).
http://knoike.seesaa.net/article/152842156.html

 

 
 

「ピアノ演奏と対応する MIDI データを集めた大規模データセット MAESTRO」 この人たちのやっていることをあまり追いきれていないのだけど,楽譜情報とのアライメントはやっていなくて,ピアノロール MIDI 情報とのアライメントをしているような感じ.

Pocket

「ピアノ演奏と対応する MIDI データを集めた大規模データセット MAESTRO – ENABLING FACTORIZED PIANO MUSIC MODELING AND GENERATION WITH THE MAESTRO DATASET」
http://createwith.ai/dataset/20181106/1358
 


 
 

「[1810.12247] Enabling Factorized Piano Music Modeling and Generation with the MAESTRO Dataset」
https://arxiv.org/abs/1810.12247
 

「Blog」
https://magenta.tensorflow.org/blog
 

「The MAESTRO Dataset」
https://magenta.tensorflow.org/datasets/maestro
 


 
 

この人たちのやっていることをあまり追いきれていないのだけど,楽譜情報とのマッピング(アライメント)はやっていなくて,ピアノロールMIDI情報とのマッピングをしているような感じ.
そうだとすると,テンポ変化や,(和音の各音のズレ以外の)アタックのズレは扱えないので,楽譜情報から人間味のある演奏を自動生成することはまだできない.人間味のある打鍵強弱づけはできると思う.
 
 

とはいえ,wave と MIDI との対応づけツールは使いたいな(^^;).あとで Magenta の中から探してみよう.
もし,そのツールが DP マッチングのように柔軟に時間軸方向への伸び縮み対応付けをしてくれるのであれば,かなり有用だと思う.楽譜どおりの MIDI データを用意することでいろいろと応用ができる.