remi でインストールしてある PHP を,5.6 から 7.2 にアップデートした.

Pocket

remi でインストールしてある PHP を,5.6 から 7.2 にアップデートした.
基本的な流れは次のとおり.(要所要所でバックアップを取ったり確認したりする作業は必要.)

# yum-config-manager --disable remi-php56
# yum-config-manager --enable remi-php72
# yum --enablerepo=* clean all
# yum update

ここでパッケージの依存関係を解決できないエラーが出てしまう場合は,
エラーが出るパッケージをすべて同時に指定して,先に “一括指定して” インストールする.

# yum install php-mysql php-mysqlnd php-pecl-mysql

update ではなく,install.ひとつひとつ install するとだめで,”一括指定して” install する.「先に “一括指定して” インストール」することで,先にそれらだけをアップデートしてしまうことができ,パッケージの依存関係を解決することができた.
ここでかなりハマってしまって,思いの外に時間を取られてしまった.

エラーが出てしまうパッケージのアップデートが終わったら,念のために

# yum --enablerepo=* clean all

して,

# yum update

で PHP ほか関連パッケージを 7.2 系にアップデートする.

ハマりどころがあったものの,アップデート作業そのものはかなり簡単に行えた.無事に,7.2 の環境になった.

 

7.3 ではなく 7.2 にした理由は,ownCloud が System Requirements として,「5.6, 7.0, 7.1, and 7.2」と,7.2 までを挙げていたから.WordPress は,「7.2 or greater」だったのだけどー.

 

もはや,サービスごとにコンテナにしてしまったほうが運用が楽なのかもなぁ… .

 
 
 
 
==