(2021-02-24 追記修正) Tiny Tiny RSS(TT-RSS) を git pull で更新したら動かなくなってしまったので,それの対処方法をメモ書き.「私はこうしました」という情報.正しい方法かどうかはわかりません.

Pocket

 

(2021-02-24 追記修正: config.php の書き換え方の情報が刻々と変化するため,詳細を書くのをやめました.)

 

Tiny Tiny RSS(TT-RSS) を git pull で更新したら動かなくなってしまったので,それの対処方法をメモ書き.
「私はこうしました」という情報.正しい方法かどうかはわかりません.
なにせ,これを書いている間にも Wiki は書き換わるわ,フォーラムには動いた/動かない情報が次々と書き込まれるわ,リポジトリにはさらなる修正がコミットされるわで,なんかもう,ぐだぐだ.

なお,動かなくなってしまったときに表示されるメッセージは
「Exception while creating PDO object:could not find driver」
ですが,git pull するまでは動いていたので,PDO 関係は原因ではありません.

 

1.
config.php を書き換える.classes/config.php ではなく,config.php のほう.

基本的には,define() を,すべて putenv() に書き換える.このとき,define() のほうは残しておいても構わない.私は残しておくことにしました.つまり,追記しました.

書き換えは,たとえば,

define(‘DB_TYPE’, ‘mysql’);

putenv(‘TTRSS_DB_TYPE=mysql’);

とします.

 

2.
DB_HOST を明示的に指定する.

define(‘DB_HOST’, ”);
で動いていた場合でも,
putenv(‘TTRSS_DB_HOST=localhost’);
と,ホストを明示的に指定する必要があります.指定しないと,
「Exception while creating PDO object:SQLSTATE[HY000] [2002] php_network_getaddresses: getaddrinfo failed: Name or service not known」
という,PDO で DB に接続できない旨のエラーが出て動きません.

(2021-02-24 追記: DB_HOST のデフォルト値が “db” だからのようです.なぜこんなホスト名をデフォルト値にしているのだろう… .)

 

3.
ICONS_DIR は,config.php の中では指定しない.つまり,

// define(‘ICONS_DIR’, “feed-icons”);
// putenv(‘TTRSS_ICONS_DIR=”feed-icons”‘);
// define(‘ICONS_URL’, “feed-icons”);
// putenv(‘TTRSS_ICONS_URL=”feed-icons”‘);

とする.私は,一応,コメントとして残しておくことにしました.
私は ICONS_DIR はデフォルトのままだったのですが,これが config.php の中にあり続けると動きませんでした.

また,ICONS_DIR のパーミッションは,書き込み可能にする必要があるようです.つまり,シェルコマンドで,

chmod -R 777 feed-icons

とする.
ただ,これは,なんだかバグのような気がしています.いままではこんなにゆるい設定にしなくても書き込まれていました.

 

(2021-02-24 追記)
4.
ICONS_DIR に限らず,必須の変数以外はコメントアウトしたほうがよさそうな感じです.
ただ,先に書いた DB_HOST のように,妙な値をデフォルト値に設定している可能性があるので,何が必須なのかよくわかりません.
https://git.tt-rss.org/fox/tt-rss/src/branch/master/classes/config.php
↑を見て,各自で判断するしかありません.

 

私の場合は,PLUGINS を残しておいたら,セッションが切れたあとにログインできなくなりました.表示されるエラーメッセージは,「ユーザー名かパスワードが正しくありません」ですが,それが原因ではありません.ものすごく迷惑.
PLUGINS のデフォルト値が ‘auth_internal, note’ から “auth_internal” だけになったからなのかもしれないし,私が書き換えた putenv() での書式が開発者たちが期待している書式とは違っていたからなのかもしれません.わかりません.追求しません.

 

 

正直にいって,もう,このぐだぐだマイグレーション作業に付き合っていられない.「もっとよく考えてから移行を促せばいいのに」と思う.
開発者たちが用意している config.php-dist も,情報がなさすぎ.
そもそも,Docker での運用をデフォルトにしたくらいで,ここまで既存環境が動かなくなるものかなぁ? よくわからない.

 

 

0. 事の発端
「Exception while creating PDO object: role »www-data« does not exist」
https://community.tt-rss.org/t/exception-while-creating-pdo-object-role-www-data-does-not-exist/4340

「RIP config.php hello classes/config.php」
https://community.tt-rss.org/t/rip-config-php-hello-classes-config-php/4337

「GlobalConfig」
https://git.tt-rss.org/fox/tt-rss/wiki/GlobalConfig#migrating-from-old-style-config-php

 

要は,
「「Docker による運用をデフォルト」にするので,config.php による設定は廃止するよ.classes/config.php を導入するよ.でも,いまはまだ config.php の設定を書き換えれば動くよ.」
ということらしいです.
古参の「システムに直にインストールして運用」していたユーザーには,わからないわー.

近いうちに,Docker に移行したいのだけど,移行の手引きが見つからないなぁ.
DB そのままで,単純にシステムだけをすげ替えれば動くのかなぁ?
なんか,今回の件で,そこまで考えてあるようには思えないよ… .

 

 

 

 

 

==

 

2019年8月5日
いつの頃からか,Tiny Tiny RSS(TT-RSS) で「TBS NEWS」のフィードに表示される概要文が文字化けを起こすようになってしまったので,FeedIron のコードに charset を強制的に UTF-8 にするコードを追加しました.
https://noike.info/wp/knoike/2019/08/05/82017/

 

2019年8月5日
「Tiny Tiny RSS(TT-RSS) のシステムアップデートが git pull でできなくなっているなぁ」と思っていたら,リポジトリの URL が変わっていた.その記事中に書いてあるとおりに,git remote set-url することで対処できました.
https://noike.info/wp/knoike/2019/08/05/82001/

 

2019年5月18日
Tiny Tiny RSS(TT-RSS) に feedprefs プラグインを導入した.これを導入して有効にすると,View Mode(表示記事モード)と Ordering Mode(記事の表示順のモード)がフィードごとに記憶されるようになり,非常に便利です.
https://noike.info/wp/knoike/2019/05/18/81789/

 

2019年5月11日
Tiny Tiny RSS(TT-RSS) で,「記事の取得はできているようなのだけど,「表示する記事が見つかりません。」というメッセージが表示されてしまう」現象が起こる原因と対処方法がわかった.
https://noike.info/wp/knoike/2019/05/11/81746/

 

2019年5月10日
Tiny Tiny RSS(TT-RSS) で,Feedly のように,フィードにサムネイル画像を表示させるための設定方法.
https://noike.info/wp/knoike/2019/05/10/81664/

 

2019年5月9日
「Tiny Tiny RSS(TT-RSS)」を自分のサーバーで稼働させはじめました.Feed の更新は,cron ではなく,systemd から起動させたデーモンで行うようにしました.
https://noike.info/wp/knoike/2019/05/09/81594/

 

2019年5月9日
常用する RSSリーダーを,「Feedly」から「Tiny Tiny RSS(TT-RSS)」に移行することにしました.自宅サーバー noike.info 下で,自分で稼働させて使用します.
https://noike.info/wp/knoike/2019/05/09/81587/

 

2019年5月9日
Feedly に登録してある RSSフィードすべてを OPML エクスポートする方法.無料プランのままでもできたのですね.
https://noike.info/wp/knoike/2019/05/09/81565/

 

 

 

Pocket

(なんとなく,もう使わないと思うけれどー) Mew と stunnel でメールを送信できるようにする設定 2021年 2月 21日版.

Pocket

 

Mew なんかもう使いたくないのだけど,
「SSH で自宅サーバーにログインして,CUI でメールを読み書きするときには,いまでも Mew を使うのが楽かも? 学生時代に使い込んでいたし.PGP(GPG) 署名もできるし.」
ということで,今一度試しに動かしてみたら,受信はできるけれど送信できない状態で,少しハマってしまった.
少し試行錯誤して送信できるようになったので,その方法を将来の自分のためにメモ書き.
なんとなく,もう使わないと思うけれどー.最後に設定したのは,もう 7, 8 年前じゃないかなぁ… .それも,不本意ながら設定したような気が… .

 

正しい対処方法とは思いづらいけれど,私の場合は,こうすることで送信できるようになりました.

 

0.
Mew は,GitHub から clone してきた最新のものを使う.
M-x mew-version-show によると,Mew のバージョンは 6.8.

 

1.
stunnel は,Ver. 5 系を使う.
Ver. 4 系だと,送信できずに Emacs ごと固まる.
私の場合は,yum でインストールされる 4.56 だとだめで,ソースからビルドした 5.57 や 5.45 なら送信できました.

 

2.
mew-ssl.el の 129行目あたりの,

(if tls (insert (format “protocol=%s\n” tls)))

を,

;; (if tls (insert (format “protocol=%s\n” tls)))

のようにコメントアウトする.つまり,stunnel に “protocol=” オプションを渡さないようにする.

 

「1 かつ 2」という条件にたどりつくまでに,結構な時間を消費してしまいました.
正しい対処方法かどうかは,わかりません.
特に,2 は,あやしい.
なぜ 2 の対処方法にたどりついたのか,自分でももはや不鮮明なのだけど,たしか,
「Web を検索して調べているうちに,こういうパッチ当て対処があったので,よくわからないまま試してみたら送信できた(送信できてしまった)」
ということだったと思います.

根本的な原因がどこにあるのか,追求していません.
プロバイダのメールサーバーの仕様が変わったのか,stunnel の起動時オプションの仕様が変わったのか,Mew の仕様が変わったのか,それらの組合せなのか.
この対処方法にたどりつく前に,Mew の設定で対処することをごちゃごちゃと試行錯誤したのだけど,それでは解決しませんでした.
結局のところ,設定は元に戻して,上に書いた対処方法で送信できるようになりました.

プロトコルは,SMTP over SSL じゃないかな,プロバイダ側の説明には書いてないのでわからないけれども.

 

 

 

 

 

==

 

2009年06月26日
ようやく Mew で送信する設定ができた.
http://knoike.seesaa.net/article/152840683.html

 

 

 

Pocket

MuseScore の 3.6.2 がリリースされています.主に不具合の修正ですね.いわゆる,パッチアップデートです.ただ,3.6.3 も比較的すぐにリリースされるだろうと思います.あんまりいい開発姿勢ではないなぁ… .

Pocket

 

「MuseScore 3.6.2 Release | MuseScore」
https://musescore.org/en/3.6.2

「Release notes for MuseScore 3.6.2 (February 8, 2021) | MuseScore」
https://musescore.org/en/node/317195

 

 

 

 

[ヘルプ] → [更新の確認] での通知は来ていませんが,2021年 2月 8日に MuseScore の 3.6.2 がリリースされています.


Today we are pleased to announce a patch update, MuseScore 3.6.2. It addresses a few major regressions introduced in MuseScore 3.6.1.

ということで,主に 3.6.0 から 3.6.1 へのバージョンアップ時に起こった不具合の修正ですね.いわゆる,パッチアップデートです.
この感じだと,[ヘルプ] → [更新の確認] での 3.6.1 の通知はスキップされて,次の通知は 3.6.2 だと思います.

ただ,開発者チャットではすでに 3.6.3 の話が出ているくらいですので,3.6.3 も比較的すぐにリリースされるだろうと思います.
あんまりいい開発姿勢ではないなぁ… .

 

 

 

 

 

==

 

2021年1月30日
MuseScore の 3.6.1 がリリースされています.… とはいえ,たぶん,3.6.2 が比較的すぐにリリースされるだろうと思う… .
https://noike.info/wp/knoike/2021/01/30/83913/

 

2021年1月18日
MuseScore の 3.6 がリリースされています.
https://noike.info/wp/knoike/2021/01/18/83694/

 

2020年10月18日
MuseScore の 3.5.2 がリリースされています.基本的に,3.5.1 で発生した不具合の修正リリースです.
https://noike.info/wp/knoike/2020/10/18/83306/

 

2020年10月15日
MuseScore の 3.5.1 がリリースされています.ただ,3.5.1 にもすでに不具合がいくつも報告されているので,3.5.2 が比較的すぐにリリースされるような気がしています.
https://noike.info/wp/knoike/2020/10/15/83279/

 

2020年8月7日
MuseScore の 3.5 がリリースされています.
https://noike.info/wp/knoike/2020/08/07/82863/

 

2020年4月7日
「Classical Guitar Soundfont ‘Ichiyanagi’」の Ver 1.03 がリリースされました.微修正がなされたようです.
https://noike.info/wp/knoike/2020/04/07/82744/

 

2020年3月30日
山本一馬さん作,「Classical Guitar Soundfont ‘Ichiyanagi’」の ver1.02 がリリースされました.一柳一雄/邦彦親子による「一柳ギター」の音を,山本さんが丁寧に手弾きサンプリングし,作成されたサウンドフォントです.
https://noike.info/wp/knoike/2020/03/30/82679/

 

2020年2月23日
musescore.com サイトで,無料アカウントのアップロード数制限をなくしたそうです.なんという大胆な方針転換.
https://noike.info/wp/knoike/2020/02/23/82607/

 

2020年2月21日
OMR ソフトの Audiveris を統合し,PDF を直接に読み込める MuseScore がテスト中のようです.テスト版のバイナリは,Windows 用と Mac 用の両方があり,ダウンロードして試すことができます.
https://noike.info/wp/knoike/2020/02/21/82546/

 

2020年2月9日
MuseScore の 3.4.2 がリリースされています.ほとんどが 3.4.0 以降に起こっている不具合の修正です.
https://noike.info/wp/knoike/2020/02/09/82526/

 

2020年1月28日
MuseScore の 3.4.1 がリリースされています.3.4 から,ユーザーの操作情報を収集する Telemetry が導入されています.私は「送信しない」にしました.
https://noike.info/wp/knoike/2020/01/28/82508/

 

2019年12月7日
MuseScore の 3.3.4 がリリースされています.
https://noike.info/wp/knoike/2019/12/07/82330/

 

2019年11月29日
MuseScore の 3.3.3 がリリースされています.
https://noike.info/wp/knoike/2019/11/29/82307/

 

2019年11月16日
MuseScore の 3.3.2 がリリースされています.3.3.1 は,リリース後に深刻な不具合が見つかったために取り下げられ,幻のリリースとなりました.
https://noike.info/wp/knoike/2019/11/16/82270/

 

2019年11月2日
MuseScore の 3.3.0 がリリースされています.RC 版を 3つ経ての正式リリースです.個人的には,キー操作でパレットをたどって開閉できるようになったことがうれしいです.
https://noike.info/wp/knoike/2019/11/02/82212/

 

2019年8月13日
MuseScore の Nicolas Froment さん(lasconic さん)にお会いできましたー.訪日旅行中だそうです.とても気さくで親切な方でしたー.
https://noike.info/wp/knoike/2019/08/13/82042/

 

2019年7月8日
MuseScore の 3.2.3 がリリースされています.
https://noike.info/wp/knoike/2019/07/08/81921/

 

2019年7月1日
MuseScore の 3.2.2 がリリースされています.
https://noike.info/wp/knoike/2019/07/01/81898/

 

2019年6月29日
MuseScore の 3.2.1 がリリースされています.3.2 には大きめの不具合がいくつかあり,それの修正リリースです.3.2 を使用している人は,アップデートしたほうがよいと思います.
https://noike.info/wp/knoike/2019/06/29/81893/

 

2019年6月26日
MuseScore の 3.2 がリリースされています. 今回は,個人的に興味のある新機能の追加や機能の改善は見当たりませんでした.
https://noike.info/wp/knoike/2019/06/26/81887/

 

2019年5月21日
5月5日に,MuseScore の 3.1 Beta の 2 が出ています.「Option to completely disable Auto Placement」ということで,ついに「範囲を指定した自動配置の無効化」ができるようになったそうです.
https://noike.info/wp/knoike/2019/05/21/81809/

 

2019年4月23日
MuseScore の 3.1 Beta がリリースされています.新機能のうち,個人的には,「Single-note Dynamics」と「High-quality soundfont」に興味があります.
https://noike.info/wp/knoike/2019/04/23/81508/

 

2019年3月18日
MuseScore の 3.0.5 がリリースされています.「~するとクラッシュする不具合を修正しました」系の修正が多いので,3.0.x を使っている人は,アップデートしておいたほうがよさそう.
https://noike.info/wp/knoike/2019/03/18/81470/

 

2019年3月5日
MuseScore の 3.0.4 がリリースされています.3.0.4 は,3.0.3 に重大な不具合が 2個(3個?)あったために急遽リリースされた hot fix です.とはいえ,それ以外の機能改善などもあります.
https://noike.info/wp/knoike/2019/03/05/81426/

 

2019年1月31日
MuseScore の 3.0.2.5315 がリリースされました.昨日にリリースされた 3.0.2 は 3.0.2.5312 で,そのバージョンには workspace に関する書き込みエラーが発生する不具合があり,急遽,それの修正アップデートがリリースされています.
https://noike.info/wp/knoike/2019/01/31/81367/

 

2019年1月16日
MuseScore の 3.0.1 がリリースされました.
https://noike.info/wp/knoike/2019/01/16/81318/

 

2018年12月26日
MuseScore の Ver. 3 が正式にリリースされました.Ver. 2系がリリースされたのは 2015年 3月25日ですので,約 4年ぶりのメジャーバージョンアップです.
https://noike.info/wp/knoike/2018/12/26/81225/

 

2018年09月11日
いつのまにか,MuseScore のモバイルアプリが Freemiumモデルに移行していました.以前に有料版アプリ「Songbook」を購入していた人は,新しいアプリのほうでもフルに機能を使えるそうです.とはいえ… .
http://knoike.seesaa.net/article/461598022.html

 

2018年08月01日
MuseScore の 2.3.2 がリリースされたそうです.
http://knoike.seesaa.net/article/460833520.html

 

2018年07月06日
MuseScore の 2.3.1 がリリースされました.同梱されている言語ファイルも更新されていますので,Windows用を日本語で使用しているときに拡張機能のインストールに失敗する不具合も解消されています.
http://knoike.seesaa.net/article/460384582.html

 

2018年07月01日
Windows 用の MuseScore 2.3 で,ストレージ(ディスク)に十分な空きがあるにもかかわらず,ストレージ容量不足と言われてしまって拡張機能(Extension Packs)がインストールできない場合の対処方法.
http://knoike.seesaa.net/article/460277309.html

 

2018年07月01日
MuseScore の 2.3 が公式にリリースされました.個人的には,新機能の「Extension Packs(拡張機能)」の導入に興味があります.
http://knoike.seesaa.net/article/460277116.html

 

2018年04月05日
MuseScore が 2.2.1 にアップデートされました.2.2 のリリースから,まだ 10日です.いくつかのリグレッション(機能後退)が見つかったそうで,それを直したリリースのようです.
http://knoike.seesaa.net/article/458594746.html

 

2018年03月28日
MuseScore の 2.2 がリリースされました.いままでと同様に無料で使えます.同梱サウンドフォントがMuseScore_General.sf3になりました.個人的には,何も追加インストールすることなくMIDIデバイス出力,MP3ファイル変換ができるようになったこと,サポートするMusicXMLのバージョンが3.1になったことが嬉しい.
http://knoike.seesaa.net/article/458383899.html

 

2018年02月20日
MuseScore社が,Ultimate Guitar社に買収された(買収してもらった)らしいです.UG社の傘下になったものの,MuseScore 自体は GPL v2 のオープンソースソフトウェアであり続けるそうです.リリースが予定されている MuseScore 3 も,いままでと同様に無料で使える予定だそうです.
http://knoike.seesaa.net/article/456995331.html

 

2017年05月29日
MuseScore が,JACK をインストールすることなく直接に MIDI 出力をできるようにしたそうです.現在,テスター募集中です.早速ダウンロードして,Pianoteq を鳴らすことができました.
http://knoike.seesaa.net/article/450345140.html

 

2017年05月02日
MuseScore の 2.1 がリリースされたそうです.多くの不具合修正のほか,開発中の 3 からの機能の取り込みがあります.日本人としては,ScoreView(楽譜上)での日本語入力の改善が嬉しいところです.
http://knoike.seesaa.net/article/449533656.html

 

2017年02月15日
「How will the Braille scores be produced?」のところにある「MSN」って,「Modified Stave Notation(Modified Staff Notation)」の略だったのか.
http://knoike.seesaa.net/article/447035492.html

 

2017年02月15日
OpenScore プロジェクト 「OpenScore – by MuseScore and IMSLP: Open-sourcing music with open source software」
http://knoike.seesaa.net/article/447026740.html

 

2016年04月05日
MuseScore の 2.0.3 がリリースされた.Linux ユーザーにとっては,Linux 版が AppImage で提供されるようになったことが大きなメリットだと思う.それから,先日の fix が反映されていて,「I/O デバイス名の文字化け」が直っていた.
http://knoike.seesaa.net/article/436253581.html

 

2016年03月21日
次の Ver. の MuseScore(おそらく 2.0.3)からは,I/O デバイス名の文字化けが直っているはず… .
http://knoike.seesaa.net/article/435362336.html

 

2015年11月22日
MuseScoreアプリの 1.10.1 が来ていた.目玉は,「ループ再生」機能が追加されたこと. あっ.有料版の MuseScoreアプリの Songbook って,いまは 242円なのか! 以前は600円くらいしたような.値下げされたのか.
http://knoike.seesaa.net/article/430049695.html

 

2015年10月07日
「Mastering MuseScore」の Kindle 版が出ていた.しかも,Amazon プライム会員は無料で読めるらしい.むー,「Mastering MuseScore」の電子書籍版が欲しいよーーー.
http://knoike.seesaa.net/article/427405805.html

 

2015年07月23日
MuseScoreが 2.0.2 に更新された.トリルなどの装飾音が演奏に反映されるようになったり,多くの不具合が直されたりしたらしい.
http://knoike.seesaa.net/article/422834575.html

 

2015年06月16日
書籍「Mastering MuseScore」が到着しました.楽譜などの図が豊富で,MuseScore 2 できれいな楽譜を作るための操作がわかりやすく書かれていると思います.英語を読むことに抵抗がない人にはよい解説書だと思います.
http://knoike.seesaa.net/article/420793952.html

 

2015年05月06日
MuseScore 2.0.1 で,SFZ 形式の「Salamander Grand Piano, version 3」を使用する方法.
http://knoike.seesaa.net/article/418527312.html

 

2015年05月06日
MuseScore 2.0.1 がリリースされたそうです.2.0.0 から 100個以上のバグが取られたらしいです.個人的には,SFZ 形式のサウンドフォントを使って WAV, MP3 エクスポートをしたときに無音のファイルができてしまう不具合が直ったことが嬉しい.
http://knoike.seesaa.net/article/418515922.html

 

2015年03月31日
MuseScore のポータブルバージョンがあるそうです.管理者権限なしに使用でき,USB メモリなどに入れて持ち運ぶこともできるそうです.
http://knoike.seesaa.net/article/416527670.html

 

2015年03月30日
SalamanderGrandPiano の V2 から V3 への更新内容は,音の細かい調整と,SFZ ファイルの可読性の向上だそうです.ペダルノイズに関する調整は,V2 への更新のときに行われたようです.
http://knoike.seesaa.net/article/416476633.html

 

2015年03月30日
MuseScore で MP3 ファイルを出力するには,LAME の DLL をインストールする必要があります.Audacity 用に配布されているバイナリを使うのが簡単です.
http://knoike.seesaa.net/article/416525602.html

 

2015年03月30日
「バッハの平均律クラヴィーア曲集第1巻全曲を新規に録音し、デジタル楽譜とともにパブリックドメインで公開する「Open Well-Tempered Clavier」プロジェクトが完成した。作品は Web サイトで公開されている。」
http://knoike.seesaa.net/article/416512807.html

 

2015年03月29日
musescore.com に楽譜データをオンライン保存して,楽譜を Web に貼ってみる.せっかくだから,MuseScore 2.0 のオンライン保存の機能を使って,直に musescore.com に保存してみる.
http://knoike.seesaa.net/article/416423736.html

 

2015年03月29日
ついに,MuseScore 2.0 がリリースされました.Windows, Mac, Linux などで動きます.Ver. 1.3 と比べると,UI から何からほとんど全面的に作りなおされた感があります.
http://knoike.seesaa.net/article/416418360.html

 

2015年03月25日
おっ,いつのまにか,SalamanderGrandPiano が V3 になっている.音の調整がなされたらしい.個人的には,ペダルノイズ音の調整に興味がある.あとで,試してみよう.
http://knoike.seesaa.net/article/416199019.html

 

2014年10月22日
いつのまにか,Zazzle の日本向けサイトができていたこともあって,MuseScore マグカップ(ステンレスボトル)を購入してみた. 購入金額の 1割ちょっとが MuseScore 開発チームへの寄付金になるので,MuseScore 開発チームを何らかの形で支援したい人にオススメできます.
http://knoike.seesaa.net/article/407581176.html

 

2014年08月10日
MuseScore Player は,デザインや機能が一新され,名前も MuseScore Songbook に変わったそうです.
http://knoike.seesaa.net/article/403497673.html

 

2014年07月30日
次の Ver. の MuseScore(おそらく 2.0 のこと)では,MIDI 入力から人間の演奏を取り込んで楽譜化するときの能力が少しよくなるらしい.
http://knoike.seesaa.net/article/402914146.html

 

2014年05月03日
「IMSLP/ペトルッチ楽譜ライブラリー: パブリックドメインの無料楽譜」 著作権的に問題のなさそうな楽曲の楽譜や,演奏の録音データが集められている.
http://knoike.seesaa.net/article/396112823.html

 

2014年03月30日
MuseScore Player が,iPhone/iPod でも動くようになったらしい.600円.購入した人のアプリアップデート(機能追加,不具合修正)は無料でなされていく予定とのこと.
http://knoike.seesaa.net/article/393198473.html

 

2014年03月22日
iPad 用の MuseScore Player が,ついにリリースされたらしい.現状の機能だと 600円という価格設定は高めだけど,アップデートはずっと無料で行われるので,機能追加がされていくと将来的には価格に釣り合うアプリになるはず… .
http://knoike.seesaa.net/article/392226887.html

 

2013年12月06日
MuseScore.com の PDF to MusicXML サービスを試し中.無料で使えるっぽい.PDF to MusicXML 機能の中身は, OMR(光学楽譜認識)ソフトウェアの Audiveris.
http://knoike.seesaa.net/article/382050492.html

 

2013年02月26日
「MusicXML to MP3 with ぼーか郎」で,主に audiveris(ProxyMusic) の出力する MusicXML に対応できるように,MusicXML 処理ルーチンのバグ取りを行いました.
http://knoike.seesaa.net/article/331955118.html

 

2013年08月21日
「Live Piano Sessions」 http://musescore.com にアップロードしてある曲データのURLを指定すると,コンピュータに接続された生ピアノで自動演奏されて,その様子が動画中継されるらしい.
http://knoike.seesaa.net/article/372577692.html

 

2013年06月15日
musescore.com に楽譜データをアップロードしておけば,任意の Web サイトで楽譜の埋め込み表示,再生ができるようになったらしい.Facebook の場合は,リンクを置いておくだけで埋め込まれるらしい.
http://knoike.seesaa.net/article/366476816.html

 

2013年04月23日
MuseScore の 2.0 から組み込まれる Zerberus シンセサイザは,SFZ をそのまま音源として利用できるらしい.それから,MuseScore 2.0 に組み込まれる FluidSynth は,SF3(SoundFont3) という,OGG 圧縮を利用した SF2 の改良サウンドフォント形式を音源として利用できるらしい.
http://knoike.seesaa.net/article/356916010.html

 

2012年12月19日
MuseScore Player for Android が Ver. 1.1 になり,ボタンやラベルなどが日本語で表示されるようになりました.また,.mscz ファイルが開けるようになったり,縦置き表示に対応したりと機能追加がなされています.
http://knoike.seesaa.net/article/308743690.html

 

2012年11月23日
MuseScore の Android アプリがリリースされたらしい.400円.
http://knoike.seesaa.net/article/303437787.html

 

2012年02月17日
「MuseScore 2.0 Roadmap」
http://knoike.seesaa.net/article/252620258.html

 

2011年06月15日
「MuseScore Sheet Music Viewer for iPad」
http://knoike.seesaa.net/article/209920886.html

 

2011年02月11日
MuseScore が,ついに 1.0 としてリリースされた.
http://knoike.seesaa.net/article/185341163.html

 

2011年02月10日
「MuseScore マグカップ」というモノがあるらしい. 購入金額の 15% が MuseScore 開発チームへの寄付金になって,残りが Zazzle ショッピングサイトの運営資金になるっぽい.
http://knoike.seesaa.net/article/185172537.html

 

2010年12月23日
楽譜表示するプログラムを作るときに,次からは,The Feta font を使わせていただくことにしよう.
http://knoike.seesaa.net/article/174679833.html

 

2010年09月03日
「MusicXML to Braille converter」の中の人 @lasconic (Nicolas Froment さん)にフォローしてもらえた. わーい.
http://knoike.seesaa.net/article/161388189.html

 

2010年07月25日
「MusicXML to Braille converter」
http://knoike.seesaa.net/article/157353763.html

 

2009年03月05日
「FreeDots: MusicXML to 点字楽譜」のスクリーンショット
http://knoike.seesaa.net/article/152839243.html

 

2008年03月06日
braille music
http://knoike.seesaa.net/article/152832512.html

 

 

 

Pocket