3か月間,Kindle Unlimited を試用し,迷ったものの継続しないことにしました.一言で言えば,「割高感」のほうが「お得感」を上回りました.

Pocket

「199円/3か月」というキャンペーンで Kindle Unlimited を試用し,迷ったものの継続しないことにしました.
一言で言えば,「割高感」のほうが「お得感」を上回りました.


本来の金額は 980円/月なので,ざっくりと考えれば,1000円/月です.
3か月で 3000円.新しくて内容のある技術書が買えてしまいます.
1年で 12000円.技術書が 4冊,あるいは,ちょっとしたガジェットが買えてしまいます.Raspberry Pi とか電子楽器とかソフトウェアシンセとか PCパーツとか.
それを考えるとやっぱりなんだか割高な気がしてきて,「必要な書籍やガジェットを,1年に 12000円くらいまでなら買ってもいい」と自分に許可したほうが気分がいいかな,と思いました.

 

なお,3か月間,試用してみて実感したことは次のとおりです.
未来の自分のためのメモとして書いておきます.

– Unlimited でどんな本を読んだのかは,このブログにはほとんど書いていない.
 (メモ代わりに書こうと思っていたのだけど,かなりの冊数を読んだので,ひとつひとついちいち書くのはやめた.)

– すべての Kindle 本が Unlimited に含まれているわけではない.
 (これは,試用する前から承知していた.)

x 内容のあるちゃんとした技術書の多くは Unlimited に含まれていない.
o ↑とはいえ,内容のある技術書が Unlimited に含まれていることも少しはあった.
– 少し古くなった技術書であれば,Unlimited に含まれていることがあった.

o 興味があるけれど買って読んでみようかどうか迷っているマンガが Unlimited に含まれていることは割とあった.意に留めていたマンガの 1/3 くらいかな… .
– ↑全巻が含まれている場合と,最初の1巻から数巻だけが Unlimited に含まれていて残りは定価で売られていることは多々あった.
x ↑とはいえ,やっぱり Unlimited に含まれていないこともかなり多かった.

o 逆に,「Unlimited に含まれているマンガ」を探すと,同人,というか,インディーズっぽいマンガがかなり多くあり,質の高いマンガもかなりあった.

x 週刊誌の類は,ほとんどが含まれていない.古いものなら含まれているものがいくらかある.
→ 週刊誌目当てならば,楽天マガジンのほうがよい.

x ビジネス書も,Unlimited に含まれているものはビミョーなものばかりだった印象.しっかり探したわけではなく,印象.

 

ということで,迷いどころではあるものの,やはり「980円/月は高いような気がする」ので継続しないことにしました.
980円/月なのであれば,技術書のほぼすべてが Unlimited に含まれていて欲しい.
それができないのであれば,月あたりの金額がもっと安くあってほしい.
いまのラインナップであれば,私が出せる金額は 300円/月かなぁ.500円/月までなら出してもいいと考えるかもしれない.

 

システム的には,「月額課金式の図書館システム」だと思えば,割とよくできているほうなのではないかと思う.
同時に借りられる冊数は 10冊まで.

Windows 用のデスクトップアプリの出来は,ビミョー.
特に,小さくて見えないところを拡大して確認する操作がしづらい.拡大自体はぱっとできるのだけど,見たいところを中心にして拡大できるわけではないので,拡大されたページをマウスでドラッグして見たいところを探し出す操作が必要.これが結構な手間.

 

ただ,980円/月は,結構,悩ましい価格設定なので,また,必要があれば月単位で契約することがあるかもしれない.
500円から1000円くらいまでの技術書をぱっぱぱっぱ読んだり,400円くらいのマンガを次々と読みたいときには割に合うと思う.

 

 
 
 
 
==

 

2019年11月4日
もう申し込み期限が締め切られているけれど,「199円/3か月」というキャンペーンをやっていたので,2019年 10月 27日から Kindle Unlimited を使用中.しばらく様子見してみようと思う.
https://noike.info/wp/knoike/2019/11/04/82226/

 

 
 
Pocket

三倉ゆめさんの「バカップル」を読み終えた.なかなか,おもしろかった.「バカバカしい」と思う人もいるかもしれないけれど,私はこういう話は好きだ. 

Pocket

 

 

Kindle Unlimited に入っていたので,三倉ゆめさんの「バカップル」を読み終えた.
全 1 巻,178 ページ.

なかなか,おもしろかった.「バカバカしい」と思う人もいるかもしれないけれど,私はこういう話は好きだ.

 

 
 
 
 
==
Pocket

佐藤秀峰の「Stand by me 描クえもん」を 2巻まで読んだ.「未来の自分(おっさん)」が「現在の自分(若者)」に助言してくれるお話.「マンガの出版契約」の件以外のことも題材にして展開していってくれると,個人的には嬉しいなぁ.

Pocket

 

 


 

 

Kindle Unlimited に入っていたので,佐藤秀峰の「Stand by me 描クえもん」を 2巻まで読んだ.
「未来の自分(おっさん)」が「現在の自分(若者)」に助言してくれるお話.

 

Kindle ストアに 2巻までしかなかったもので,2巻で終わりなのかと思い込んでしまってここ数日でがんばって読み進めてしまったのだけど,まだ続くっぽい.
「「未来の自分」が「現在の自分」に助言してくれるお話」は,私は割と好きなので,続きが楽しみ.

 

それにしても,フィクションなのですね.うん,フィクションなんだろうなぁ(笑).

 

原案者や原作者がどれくらいの作業をしているのか(作品に貢献しているのか)は,人によって違うのだろうとは思うのだけど,彼の場合は原案者は何もしていなかったんだろうなぁ.つまり,彼が作品のほとんどすべてを作っていたのだろうなぁ.

 

「漫画貧乏」にも書いてあったけれど,彼は「海猿」とか「ブラックジャックによろしく」とかのときの権利関係のおかしさ(契約のおかしさ)に,かなり懲りていて,かなり危機感を感じていて,いろいろな形で警鐘を鳴らし続けてくれているのだと思う.
そのときそのときでいろいろな警鐘の鳴らし方をしていて,そのやり方がまずいこともあるけれど,基本的には「契約のおかしさ」,「自分の権利を守ること」を訴えている.
(人間性に難があることもあるけれど,それはまた別の話.)

 

「Stand by me 描クえもん」は,「「未来の自分」が「現在の自分」に助言してくれるお話」なのだけど,「マンガの出版契約」の件以外のことも題材にして展開していってくれると,個人的には嬉しいなぁ.

 

 
 
 
 
==

 

2018年06月01日
「特攻の島」を 9巻(最終巻)まで読み終えた.伊53潜の艦長の豊増清八は,部下のことを思ういい上司だなぁ.最終話「画帳の中の自分」は,よい回だった.主人公である渡辺の風貌と目つきの変遷から,環境や心情の変遷がよく描かれていた.
http://knoike.seesaa.net/article/459708597.html

 

2016年08月29日
佐藤秀峰の「漫画貧乏」を読み終えた.出版業界の制度のおかしさ,特に報酬の割の合わなさに抗った,彼の試行錯誤のお話.あきらめてしまう人に比べて,すばらしいことだとは思うのだけど,「それをわかっていて,なぜそういう判断になるのかなぁ」という感が拭えない.
http://knoike.seesaa.net/article/441453799.html

 

2016年08月02日
「特攻の島」を 8巻まで読んだ.
http://knoike.seesaa.net/article/440679756.html

 

2014年08月04日
「特攻の島」を 3巻まで読んだ.ようやく,読めるお話になってきた.
http://knoike.seesaa.net/article/403192890.html

 

2011年01月30日
そういえば,「ムショ医」を 2巻まで読み終えてある.
http://knoike.seesaa.net/article/183168653.html

 

2011年01月30日
彼の狙っていることはわかるし,おおよそ賛同できるのだけど,今現在の彼が描ける作品でそれが叶うかどうか,かなりビミョーだと思う.
http://knoike.seesaa.net/article/183166474.html

 

2011年01月27日
「特攻の島」の 2巻が出ている.続ける気があったのかー.
http://knoike.seesaa.net/article/182696787.html

 

2010年07月20日
佐藤秀峰が第二師匠なわけね. 絵柄に似た風味を感じてしまったのは,そのせいか.
http://knoike.seesaa.net/article/156925822.html

 

2010年07月20日
マンガの「感染列島」を,ようやく読み終えた.
http://knoike.seesaa.net/article/156925467.html

 

2010年04月24日
「僕から出版社にお金を分配する未来――電子書籍出版秘話」
http://knoike.seesaa.net/article/152843732.html

 

2009年06月20日
そういえば,佐藤智美は佐藤秀峰の嫁さんらしい.
http://knoike.seesaa.net/article/152840692.html

 

2009年04月29日
「ムショ医 (1)」を読んだ.
http://knoike.seesaa.net/article/152840273.html

 

2008年08月10日
医龍 18
http://knoike.seesaa.net/article/152834522.html

 

 
 
Pocket

もう申し込み期限が締め切られているけれど,「199円/3か月」というキャンペーンをやっていたので,2019年 10月 27日から Kindle Unlimited を使用中.しばらく様子見してみようと思う.

Pocket

もう申し込み期限が締め切られているけれど,「199円/3か月」というキャンペーンをやっていたので,2019年 10月 27日から Kindle Unlimited を使用中.
本来の値段は,980円/月.
3か月間,自分の普段の生活ペースの中で使ってみて(「Kindle Unlimited を必死になって使う」ということはしないで),980円/月の値段の割に合うようなら使い続けるし,割に合わないなぁ(高いなぁ)と感じるようならやめる.

 

o 「知っておきたいな」と思うことが書いてある技術書

o 興味があるけれど買って読んでみようかどうか迷っているマンガ

 

が,何も考えずにぱぱっと読めればいいかな,と思っているのだけど,どうもそういう状況ではなさそうだねぇ… .
やっぱり,ちゃんとした技術書は Unlimited には含まれていないし,私が興味を持つようなマンガも Unlimited には含まれていない.
それでも,まぁ,「初心者向け導入書」のような技術書は Unlimited にもあるようなので,しばらく様子見してみようと思う.

 

 
 
 
 
==
Pocket