3か月間,Kindle Unlimited を試用し,迷ったものの継続しないことにしました.一言で言えば,「割高感」のほうが「お得感」を上回りました.

Pocket

「199円/3か月」というキャンペーンで Kindle Unlimited を試用し,迷ったものの継続しないことにしました.
一言で言えば,「割高感」のほうが「お得感」を上回りました.


本来の金額は 980円/月なので,ざっくりと考えれば,1000円/月です.
3か月で 3000円.新しくて内容のある技術書が買えてしまいます.
1年で 12000円.技術書が 4冊,あるいは,ちょっとしたガジェットが買えてしまいます.Raspberry Pi とか電子楽器とかソフトウェアシンセとか PCパーツとか.
それを考えるとやっぱりなんだか割高な気がしてきて,「必要な書籍やガジェットを,1年に 12000円くらいまでなら買ってもいい」と自分に許可したほうが気分がいいかな,と思いました.

 

なお,3か月間,試用してみて実感したことは次のとおりです.
未来の自分のためのメモとして書いておきます.

– Unlimited でどんな本を読んだのかは,このブログにはほとんど書いていない.
 (メモ代わりに書こうと思っていたのだけど,かなりの冊数を読んだので,ひとつひとついちいち書くのはやめた.)

– すべての Kindle 本が Unlimited に含まれているわけではない.
 (これは,試用する前から承知していた.)

x 内容のあるちゃんとした技術書の多くは Unlimited に含まれていない.
o ↑とはいえ,内容のある技術書が Unlimited に含まれていることも少しはあった.
– 少し古くなった技術書であれば,Unlimited に含まれていることがあった.

o 興味があるけれど買って読んでみようかどうか迷っているマンガが Unlimited に含まれていることは割とあった.意に留めていたマンガの 1/3 くらいかな… .
– ↑全巻が含まれている場合と,最初の1巻から数巻だけが Unlimited に含まれていて残りは定価で売られていることは多々あった.
x ↑とはいえ,やっぱり Unlimited に含まれていないこともかなり多かった.

o 逆に,「Unlimited に含まれているマンガ」を探すと,同人,というか,インディーズっぽいマンガがかなり多くあり,質の高いマンガもかなりあった.

x 週刊誌の類は,ほとんどが含まれていない.古いものなら含まれているものがいくらかある.
→ 週刊誌目当てならば,楽天マガジンのほうがよい.

x ビジネス書も,Unlimited に含まれているものはビミョーなものばかりだった印象.しっかり探したわけではなく,印象.

 

ということで,迷いどころではあるものの,やはり「980円/月は高いような気がする」ので継続しないことにしました.
980円/月なのであれば,技術書のほぼすべてが Unlimited に含まれていて欲しい.
それができないのであれば,月あたりの金額がもっと安くあってほしい.
いまのラインナップであれば,私が出せる金額は 300円/月かなぁ.500円/月までなら出してもいいと考えるかもしれない.

 

システム的には,「月額課金式の図書館システム」だと思えば,割とよくできているほうなのではないかと思う.
同時に借りられる冊数は 10冊まで.

Windows 用のデスクトップアプリの出来は,ビミョー.
特に,小さくて見えないところを拡大して確認する操作がしづらい.拡大自体はぱっとできるのだけど,見たいところを中心にして拡大できるわけではないので,拡大されたページをマウスでドラッグして見たいところを探し出す操作が必要.これが結構な手間.

 

ただ,980円/月は,結構,悩ましい価格設定なので,また,必要があれば月単位で契約することがあるかもしれない.
500円から1000円くらいまでの技術書をぱっぱぱっぱ読んだり,400円くらいのマンガを次々と読みたいときには割に合うと思う.

 

 
 
 
 
==

 

2019年11月4日
もう申し込み期限が締め切られているけれど,「199円/3か月」というキャンペーンをやっていたので,2019年 10月 27日から Kindle Unlimited を使用中.しばらく様子見してみようと思う.
https://noike.info/wp/knoike/2019/11/04/82226/

 

 
 

Similar Posts:

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください